かぶキャンブック

好きなキャンプの話、頑張りたいお金のことを中心にした雑記です。

コーナンアルミスキレットが凄すぎる!

キャンプを始めた頃は、熱源は焚き火1択。

耐熱塗装の五徳、スキレットには分厚いステーキ。。。と誰もが妄想します。

勇んで購入、実戦投入、美味しさに感動します。そう、最初のうちは。

そして、使わなくなるんです。キャンパーの皆さま、ご理解いただけますよね。

、、、、重いんです!そして、面倒いんです。使用後のお手入れが!

スキレットはほんのちょい、気を抜くと一気にサビちゃいます。

それ見ると、あーだめだな俺、、、となっちゃうんで、持ってかなくなるんです。

(たまに、子供の友達ご家族とのキャンプには持ってく程度になります。張り切って)

 

そんな中、救世主が現れました。みんな大好きコーナンさんです

「コーナン」の画像検索結果 間違いない!

コーナンラックですでにキャンパー界隈は賑わしていたコーナンさん。

またやってくれました。

 

シーズニングも手入れも不要、しかもとんでも軽量!

熱伝導率、保温性も超優秀なアルミスキレット!!!

コーナンの「アルミスキレット」は軽くてサビ知らず!ソロキャンプにも重宝するぞ〜 | CAMP HACK[キャンプハック]

サイズは17センチ、20センチ。

何と言っても特徴は鋳鉄製ではなく、アルミ製。とにかく驚きの軽さ!!

キャンプ道具使ってます!感を満足させてくれつつ、鋳鉄スキレットの欠点をほぼカバー。

とんでもない一品です!

 

これを、キャンプ界の風雲児、ニトリさんのニトスキと比べると、、、

なんてったて軽い。ニトスキ15センチが673gに対してコーナンアルスキは248gです。

ニトスキの3分の1。持ってみてください。数値以上に軽く感じます。

大サイズの比較いってみましょう!

ニトスキ19センチ、1240g。コーナンアルスキ340g。

来ました!4分の1。もう全く別物と思ってください!

 

あと、アルミというと軽いけど、すぐ曲がるよねー。やっぱり鋳鉄だよネーーー

と言ってるそこのお兄様。安心してください、、、

死ぬ気で曲げても曲がりません!

 

あとお伝えしたいのが、スタッキング。

そうです。

キャンパーの大好物スタッキングです。

 

まずは、ニトスキの大小サイズ。これだと分かりにくいですが、

重ねと要とすると微妙に「浮いちゃう」んです。

スキレット鍋 19cm(スキレットナベ 19cm)通販 | ニトリネット【公式】 家具・インテリア通販

一方、コーナンアルスキ。

ほぼフラットで重ねることができます。

痒いところに手が届くというより、痒かったところを教えてもらった気分です。

 

いやはや、、、、凄すぎぜ。アルスキ。。

大好き。

がゆえに、デメリットもご紹介。

熱を保つ力、やはり鋳鉄には及びません。

1枚のステーキを同じ焼き方をして、美味しく焼けるのはやはり鋳鉄のスキレットだと。

実食のち、実感。

 

 

 

しかしながら、それを補って余りあるほど素晴らしい商品だと思っています。

特に、ソロ。

ザックに荷物を入れる際に、今まではどうしてもスキレットは、「外す」ギアでした。

どれだけ優秀なザックを使っても、やはりスキレットの重さは、選択外になってしまいます。

 

それがですね、アルスキ。

ザックの中に忍ばせたいギアになりますw

 

ソロに限らず、荷物はなるべく減らしたいところ。

なにより、、飲んだら動きたくないところ。

 

最後に使用後のお手入れについて、一句。

 

肉焼いて、焚き火に入れて、焼き切って♬

程よく冷めたらオリーブオイル

 

これも楽しいんですけどねwww